マー君、メジャー復帰に手応え「上で投げても問題ないと思う」

[ 2015年5月28日 08:52 ]

マイナー3Aスクラントンの一員としてリハビリ登板し、1回途中、足場が割れたマウンドの整備を待つヤンキース・田中

 2度目のリハビリ登板を無事に終えたヤンキースの田中はメジャー復帰へ手応えを感じている様子だった。

 ―投球を振り返って。

 「打たれた球や四球など、思ったような制球ができていない部分もある。完璧ではないけど、投げられていることは大事。状態自体は特に悪いわけではない。スライダーは前回より良かった。球数をしっかり投げられたのは良かった」

 ―メジャー復帰へ準備はできたか。

 「僕自身は下(マイナー)でこうやって投げているということで、上(メジャー)で投げても問題ないと思う。大事なのは(ヤンキースが)勝つということ。(復帰時期は)首脳陣が決めることで、話して決まっていくと思う」

 ―一回はマウンドの整備不良があった。

 「軟らかいわけではないが、割れましたね。地面が動いて割れていた。あんなふうになったのは初めて」(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月28日のニュース