中日・山井は6回2失点 尻上がり粘投「自分の持ち味出せた」

[ 2015年3月20日 16:05 ]

<中・楽> 先発して6回2失点で降板した山井
Photo By スポニチ

オープン戦 中日0―2楽天

(3月20日 ナゴヤD)
 プロ14年目にして初の開幕投手に指名された中日の山井が楽天とのオープン戦に先発した。

 前回登板した14日のソフトバンク戦では5回5失点と炎上した山井。この試合でも2回に2本の適時打を浴び、序盤に2失点を喫するという苦しい立ち上がりとなった。

 しかし、その後は立ち直りを見せ、3回、5回、6回は楽天打線を三者凡退に斬って取り、6回を投げ、打者21人に対して5安打2失点という粘りの投球を見せた。

 この日の投球で9つのゴロアウトを奪った山井は「いかにゴロを打たせるかという自分の持ち味を出せた。イニングごとに投球内容が良くなった」とこの日の67球を振り返り、1週間後に迫った大役については「準備はできている」と力強く語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月20日のニュース