谷繁監督「私はお人よしじゃない」…9番・DHから徹底視察

[ 2015年3月20日 05:30 ]

<中・神>プレ開幕戦に敗れ渋い表情の谷繁監督

オープン戦 中日2―3阪神

(3月19日 ナゴヤD)
 本番でリベンジだ。阪神との「プレ開幕戦」は6回まで岩崎に1安打に抑えられての競り負け。それでも、中日・谷繁兼任監督は「9番・DH」で先発しながらもベンチからじっくりと相手を観察し、収穫ありの表情で試合を振り返った。

 「相手の分析を他人に言うほど、お人好しじゃない。手応えがあるかないかも言えない。ただ、こういう競った試合になるとは思う」

 今季の阪神の印象を聞かれた指揮官は、百戦錬磨の名捕手らしい表現で返答を避けた。「どっちみち20数試合もやるんだから今さら隠すこともないよ」と言いながらも、開幕カードで当たる相手を意識しながらの試合だったのは間違いない。

 20日の本拠地での楽天戦の先発が山井に決まり、1週間後に中6日で開幕投手を務めることが濃厚となった。初の大役が近づいた右腕は、この試合でも阪神打線に熱視線を注ぎ「バットが振れているという感じは受けた」と表情を引き締めた。残り3試合のオープン戦は、21日にバルデス、22日は大野が先発。いよいよ開幕への最後の仕上げとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月20日のニュース