巨人 野間口と支配下登録契約、1軍登板へ「これからもっと大事」

[ 2015年3月20日 13:45 ]

17日のイースタン、ロッテ戦で1/3回を無安打無失点の巨人・野間口

 巨人は20日、野間口貴彦投手(31)と支配下登録選手契約を結んだことを発表した。背番号は46。同投手は13年9月に右肘の手術を受け、その後育成契約を結んでリハビリを続けてきた。

 川崎市のジャイアンツ球場で取材に応じた野間口は「ここまで来れたというほっとした気持ちもあるし、1軍のマウンドに上がって投げることが目標。これからもっと大事な時間が訪れると思います」と話した。

 野間口は17日のイースタン、ロッテ戦で1/3回を無安打無失点の好投。1軍で通算111試合に登板している右腕は貴重な戦力として3年ぶりの1軍登板が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月20日のニュース