青木 3打数無安打、途中交代「調子はすごく上がっている」

[ 2015年3月20日 09:43 ]

ブルワーズ戦の6回、1死満塁で投ゴロ併殺打に倒れるジャイアンツ・青木

 ジャイアンツの青木は19日、アリゾナ州メリーベールで行われたブルワーズとのオープン戦に「1番・左翼」で出場し、3打数無安打、1四球だった。内容は四球、右飛、遊ゴロ、投ゴロ併殺打で、7回の守りから退いた。チームは3―2で勝った。

 ▼青木の話(打撃の調子は)すごく上がっている。いつ3本とか4本とか(安打が)出てもおかしくない。打席でも守備でも走塁でも感じるところがあって、こういう経験をしていけば、調子が上がっていく。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月20日のニュース