オリオールズ3連勝、17年ぶりリーグ優勝決定シリーズ進出

[ 2014年10月6日 08:58 ]

<タイガース・オリオールズ>3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決め喜ぶオリオールズバッテリー(AP)

 米大リーグのプレーオフは5日、デトロイトなどでア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第3戦の2試合が行われ、オリオールズ(東地区)が2―1でタイガース(中地区)を破って3戦3勝とし、17年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 青木の所属するロイヤルズ(ワイルドカード)はリーグ優勝決定シリーズ進出まであと1勝としてエンゼルス(西地区)と対戦。青木は「2番・右翼」で出場した。

 ▼オリオールズ・ショーウォルター監督の話 すごく強い相手だった。ここから得られた経験は大きい。こういう戦いを続けていきたい。選手はできることをすべてやってくれた。次もタフな戦いになるだろう。戦えることが光栄だ。

 ▼タイガース・オースマス監督の話 ファンもチーム全体も失望させてしまった。八回(表)までリードしていた第2戦を落としたのが痛かった。監督1年目でこれは大きな経験になる。ここから学んで次に生かさないといけない。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月6日のニュース