広島 野村監督 CSは本拠地開催ならずも誓った「必ずマツダに帰ってくる」

[ 2014年10月6日 21:25 ]

<広・巨>CS本拠地開催を逃し、最後までひとりベンチでぼう然とする前田健

セ・リーグ 広島1―4巨人

(10月6日 マツダ)
 今季のレギュラーシーズン最終戦。広島は勝つか引き分けで球団初のCS本拠地開催を決めることができたが、マツダスタジアムを赤く染めたファンの願いは届かなかった。

 先発の前田健は8回を10安打3失点。打線も5安打で1得点のみ。逆転負けで3位転落。試合後、前田健はベンチで動かず、じっとグラウンドを見つめ続けた。

 試合後のセレモニーであいさつに立った野村監督は「きょうの試合、ぜひ勝って、マツダでCSを迎えたかったが、残念ながらこういう結果となり申し訳ありません」とファンに謝罪。その上で「CSではやってくれると思う。必ずマツダに帰ってくると信じて、頑張ってきます」と、日本シリーズ進出を誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月6日のニュース