最高勝率エンゼルスが敗退 ソーシア監督「プレーオフでは何でも起こり得る」

[ 2014年10月6日 16:39 ]

 レギュラーシーズンで両リーグ最高勝率を残したエンゼルスが、地区シリーズでは1勝もできずに敗退した。ソーシア監督は「プレーオフでは何でも起こり得る」と言葉を絞り出した。

 初回、若手スターのトラウトが今シリーズ初安打となる先制本塁打。だが、その裏に先発ウィルソンがあっさりと逆転を許してKOされると、救援陣もロイヤルズの勢いを止められなかった。

 自身初のプレーオフで結局1安打と力を出し切れなかったトラウトは「緊張はしなかったが、ロイヤルズの方がいい野球をした」と言うのが精いっぱいだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月6日のニュース