青木3安打1打点&2得点でスイープ貢献、ロ軍リーグ優勝決定S進出

[ 2014年10月6日 12:16 ]

<ロイヤルズ・エンゼルス>4回の第3打席で内野安打を放つ青木(AP)

ア・リーグ地区シリーズ第3戦 ロイヤルズ8―3エンゼルス

(10月5日 カンザスシティー)
 米大リーグのプレーオフは5日、ア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第3戦の2試合が行われ、ロイヤルズ(ワイルドカード)はエンゼルス(西地区)と対戦。ロイヤルズが8―3で勝ち、3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。ロイヤルズは29年ぶりのプレーオフで無傷の快進撃。

 青木は「2番・右翼」で先発し3打数3安打1四球、2得点の活躍を見せた。1回1死から左前打で出塁、後続の適時打で同点のホームを踏んだ。3回にも先頭で四球を選びホスマーの2ランで生還した。4回には二塁内野安打で好機を広げ、6回は1死一、二塁から中前適時を放ち、代走を出されて退いた。

 試合はロイヤルズが初回に逆転すると着々とリードを広げて快勝した。

 もう1試合のオリオールズ(東地区)が2―1でタイガース(中地区)を破って3戦3勝とし、17年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月6日のニュース