中田 惜別の涙…名挙げられ「欠かせない存在になりたい」

[ 2014年10月6日 05:30 ]

<日・楽>握手を交わす中田にビンタを見舞う稲葉

パ・リーグ 日本ハム1―0楽天

(10月5日 札幌D)
 兄貴と慕う日本ハム・稲葉の引退試合に中田が涙した。

 セレモニーでは花束を渡すとお互いが目を赤くさせる場面も。稲葉からはあいさつで「中田翔をよろしくお願いします」と、個人名を挙げられ「自分の名前を出してもらってありがたかった。稲葉さんの描いている人物に、チームに欠かせない存在になりたい」と。この日は3打数無安打で惜別弾とはいかなかったが「稲葉さんに勝ちを贈れて良かった」と感慨深げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月6日のニュース