引退?それとも…タイガース ハンター「精神的に疲れた」

[ 2014年10月6日 17:01 ]

タイガースのトリー・ハンター外野手 (AP)

ア・リーグ地区シリーズ第3戦 タイガース1―2オリオールズ

(10月5日 デトロイト)
 ア・リーグ中地区で4連覇を達成して地区シリーズに乗り込んだタイガースだったが、5日に行われた地区シリーズ(5回戦制)第3戦で東地区覇者のオリオールズに1―2で敗戦。3連敗で地元のファンの前であっけなくシーズンを終えた。

 試合後の会見でチームの主力であるトリー・ハンター外野手(39)は「先にことはわからない。いろいろと考えているが、妻と話し合って今後どうするか決めるよ」と今後の進路が注目される発言をした。

 12年にタイガースと2年契約を結んだハンターは今季でその契約が切れ、フリーエージェントとなる。現役続行となればタイガースとの再契約となる見込みだが、「肉体的には問題ない。しかし、今季みたいにジェットコースターのような浮き沈みの激しいシーズンを経験して精神的に疲れてしまった」と内心を吐露した。

 ハンターは今季メジャー18年目のベテラン。これまで通算2233試合に出場して打率2割7分9厘、331本塁打、1310打点を記録。守備でも9度のゴールドグラブ賞に輝いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月6日のニュース