佑4回ピシャリ「100%でいける状態」

[ 2014年3月13日 05:30 ]

<日・西>4回無失点の好投を見せ、近藤(左)とタッチする斎藤

オープン戦 日本ハム8―0西武

(3月12日 札幌ドーム)
 8点のリードなど日本ハム・斎藤にとってはどうでも良かった。ただ目の前の打者を抑えることだけに集中した。その厳しい表情こそが、自分が置かれた立場を理解している証拠だった。

 「何も考えずに自分の投球だけをしようと思っていた。その時調子がいい人がローテーションに入るだけ。こっちはそのための準備をしておくだけです」

 右肩関節唇損傷からの完全復活を目指す今季。開幕ローテーションを争う3年目の上沢が目の前で5回無失点と好投したが、それすらも斎藤にとっては意識になかった。生命線である外角低めへの直球は最速142キロ。これを軸にカットボール、ツーシームそして新球のシュートを丁寧にコーナーへと投げ分けた。すべてのイニングで先頭打者を出塁させたものの、後続を断って三塁は踏ませなかった。

 キャンプから取り組んできたのは、同じ腕の振りで全ての球種を投げ分けるフォーム。ただし、映像では入念にチェックをしても、本番のマウンドではあえてアバウトに考えるようにした。「あまり神経質に考えると、そちらにばかり意識がいってしまう」。形にこだわりすぎてカウントを悪くし、甘くなった球を打たれていた過去を反省。マウンドでは「だいたいこの辺り」という感覚で打者に立ち向かえるようになった余裕が、好結果につながっている。4回3安打無失点の内容に厚沢投手コーチは「佑樹は前回から修正できたね。(上沢と)2人ともローテに入る可能性だってあるよ」と話した。

 試合後、ブルペンに直行してさらに20球ほど投げ込んでバランスをチェックした。「まだ課題や反省点はあるけど、きょうの内容を次に生かしたい。シーズンはいつでも100%でいける状態。早く開幕が来てほしい」。まだ開幕ローテーションは確定していないが、今の斎藤にはそう言えるだけの手応えがある。

 ▼日本ハム・栗山監督(斎藤と上沢について)2人とも持ち味を出してくれた。プロの世界で(開幕ローテーションの)ポジションを取りにいって結果を残すことは本当に難しい。その意味で前に進んでいる。

▽斎藤の救援登板 公式戦では12年9月30日ソフトバンク戦、日本シリーズは12年の対巨人第5戦に救援したが、いずれもリードされた場面。オープン戦では1年目の11年に3試合投げたがセーブはなかった。なお斎藤の登板時は8―0だったが、勝利試合の終了まで3イニング以上を投げ勝利がつかない投手にはセーブが記録される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月13日のニュース