荻野貴3安打1番中堅前進「ケガをしないように」

[ 2014年3月13日 05:30 ]

<ロ・巨>1回裏、先制本塁打の荻野貴はファンの声援に答える

オープン戦 ロッテ5―12巨人

(3月12日 QVCマリン)
 ロッテの荻野貴が本塁打を含む3安打と活躍し、「1番・中堅」の座に大きく前進した。

 初回に先頭打者で杉内の速球を左越えに運ぶと、5回は二塁打、7回は左前打を放った。好調が続くが、昨季まで故障に苦しんだだけに「まずは今の調子を維持し、ケガをしないようにケアをしたい」と控えめだった。3回には投球を外されながらも二盗に成功。随所に好走塁も見せた。首脳陣も俊足を高く評価しており「足を生かしたプレーは自分の持ち味」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月13日のニュース