先発転向した岸田大炎上 開幕ローテ黄信号

[ 2014年3月13日 05:30 ]

<オ・楽>5回表無死一塁、牧田(左)に2ランを浴び、ガックリと肩を落とす岸田

オープン戦 楽天8―5オリックス

(3月12日 京セラドーム)
 今季から先発に転向するオリックスの岸田が大炎上した。オープン戦2度目の先発は2本塁打を浴びるなど、安定感を示すことができず5回6安打6失点。開幕ローテーション入りに黄信号がともった。

 不用意な1球から試合は始まった。初回無死、先頭の榎本に対して投じた138キロ内角直球は次の瞬間、右翼席へとはじけ飛んだ。1球で先制点を失うと、味方が逆転した直後の4回には2死一、三塁から松井に逆転の2点二塁打を浴びる。3回3失点だった前回登板の5日のヤクルト戦(京セラドーム)登板後には「まだ試合の体になっていない。球自体にキレがないし、次は三振を取れる投球をしたい」と課題を挙げていた。この日はカーブを多投して相手のタイミングを外し、5三振を奪ったが、内容としては満足のいくものではなかった。

 先発枠は金子、ディクソン、西の3人が当確。井川、東野、岸田らが続く候補となる。森脇監督は「競争で自分の居場所をつかんでもらう。慎重に見極めていく」としているが、この日の岸田にアピール材料はなかった。

 打線は得点力を欠いた。1点を追う3回2死満塁、坂口の中前2点適時打で一時は逆転したが、後が続かない。2ケタ安打を放ちながらも、効率性を欠いた。投打がかみ合わず、5連敗。開幕に向けて、不安の種は尽きない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月13日のニュース