インフル明け金子 13日に松井裕と対戦

[ 2014年3月13日 07:17 ]

 インフルエンザ感染のため調整が遅れていたオリックスの金子が、13日の楽天戦(京セラドーム)で実戦初登板初先発し、相手ドラフト1位・松井裕と投げ合う。

 1日に感染が判明し、6日まで2次キャンプ地の高知に残留。当初は6日のヤクルト戦で初登板する予定だった。高山投手コーチは「昨年230イニング近く投げているし、肩肘の疲労度を見て、本人の(調整プランの)意思を確認したい」とし、金子は体調について「大丈夫です」と答えた。40球をメドとする登板で、チームの連敗を止める流れを導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月13日のニュース