金子が初登板 インフルで出遅れも「しっかり」2回1失点

[ 2014年3月13日 14:55 ]

<オ・楽>初回1死一塁、後藤に右越え適時二塁打を許したオリックス・金子

 インフルエンザ感染のため、調整が遅れていたオリックス・金子が実戦初登板した。先発で2回を投げ、3安打1失点。初登板だけに結果は重視しておらず「きょうに限っては、投げることが目的だったので、しっかり2イニングを投げられたことは良かった」と話した。

 今後はあと1試合のオープン戦登板を経て、最有力視される開幕戦へと向かう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月13日のニュース