“バント名人”川相ヘッド 投手陣に練習指示

[ 2013年7月22日 06:00 ]

 球宴で不在の原監督に代わって、現場の指揮を執る巨人の川相ヘッドコーチが投手陣にバント練習を指示した。

 川崎市のジャイアンツ球場での全体練習で内海、杉内、宮国らがバットを手にサブグラウンドへ。高田ブルペンコーチが投手役を務めて約1時間バントを繰り返した。「投手にとっても凄くバントは重要。何とか成功させたい」と杉内。現役時代にバントの名人だった川相ヘッドは直接指導こそしなかったが「(投手への)セーフティースクイズのサインも増えている」と重要性を説いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月22日のニュース