中央学院・岡田 延長12回“無心”サヨナラ打

[ 2013年7月22日 06:00 ]

千葉4回戦 中央学院3―2検見川

(7月21日 千葉県営)
 中央学院は2―2で迎えた延長12回。2死二塁から岡田が左前打を放ち、サヨナラ勝ち。粘る検見川を下した。

 サヨナラ打を放った岡田は「来た球を打とうと何も考えていなかった」とナインからもみくちゃにされ破顔した。相馬幸樹監督は「うちの方が練習してきた。(延長に入り)絶対に勝てると言い聞かせた」と選手を鼓舞し続けたことを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月22日のニュース