球宴1勝1敗1分けでドラフトウエーバー順どうなる?

[ 2013年7月22日 20:47 ]

<全パ・全セ>8回1死一、二塁、勝ち越しの適時二塁打を放った内川はガッツポーズする

マツダオールスターゲーム2013第3戦 全パ3―1全セ

(7月22日 いわきグリーンスタジアム)
 マツダオールスターゲーム2013は、第1戦から全パ1―1全セ、全セ3―1全パ、全パ3―1全セで1勝1敗1分けと両リーグ譲らなかった。

 野球協約の新人選手選択会議規約では、オールスターに勝利したリーグがドラフト会議でのウエーバーの優先権を得ることになっている。1勝1敗1分けなど、勝利リーグが決まらない場合は総得失点差で判断するが、それでも同点の場合は抽選。今年は1勝1敗1分けで総得失点差もプラスマイナス0のため、抽選で決められることになった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月22日のニュース