“後半勝負”の坂戸西 逆転で大宮東撃破!

[ 2013年7月22日 06:00 ]

埼玉4回戦 坂戸西6―5大宮東

(7月21日 市営大宮)
 坂戸西が大宮東を6―5で下した。

 3―3の7回1死一、二塁から2番・沖山が中前打を放つと、中堅手が後逸し、カバーに入った左翼手の送球が大きくそれる間に、一気に生還した。「宇津木を助けたくて必死でした」。先発・宇津木は9回を11安打5失点ながら「野手に助けられました」と逆転劇に感謝した。野中祐之監督は「後半勝負のチームだから」と満足そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月22日のニュース