国士舘 一塁・津島が投打で存在感 ピンチで2度登板

[ 2013年7月22日 06:00 ]

<国士舘・拓大第一>投打に活躍した津島

西東京5回戦 国士舘5―0拓大第一

(7月21日 八王子市民)
 国士舘は一塁手・津島のワンポイントリリーフと2点適時打で、拓大第一を5―0で退けた。

 7回2死満塁でマウンドに上がると「強い気持ちを持っていた」と中飛に仕留めピンチを脱出。8回は一塁に戻ったが、2死から再び登板。1回1/3を投げ試合を締めた。打撃では7回2死満塁から中前に2点適時打。箕野豪監督は「ピンチをしのいだときはうれしかった。1点入ると流れが行くので、粘れて良かった」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月22日のニュース