楽天異例の球宴中紅白戦 ドラ3大塚が2回零封アピール

[ 2013年7月22日 06:00 ]

紅白戦に登板する大塚

 Kスタ宮城で6イニング制の楽天紅白戦が行われ、ドラフト3位の大塚が白組の3番手で5回から登板。スライダー、スクリューボールなど多彩な変化球で2回無安打1四球無失点に抑えた。

 球宴期間に紅白戦を実施するのは星野政権3年目で初。後半戦開幕から7連敗(1分け挟む)を喫した昨季の失敗を繰り返さないために1軍選手の実戦感覚の維持が狙いだが、初の1軍昇格へアピールした左腕は「今月から練習を始めたチェンジアップも2球投げました」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月22日のニュース