藤浪「ほぼ負けのような投球」…“強運”甲子園不敗神話残った

[ 2013年6月10日 06:00 ]

<神・ロ>逆転サヨナラ弾を放ったマートン(9)と笑顔でハイタッチを交わす阪神・藤浪

交流戦 阪神4-3ロッテ

(6月9日 甲子園)
 祈ったら現実に起きてしまった。劇弾をベンチで見届けた阪神・藤浪は、普段のポーカーフェースを崩し、4番を出迎えた。

 「マートン様々ですね。一発を信じていたので凄くうれしかったです」。5連勝を目指したマウンドだった。それも甲子園。昨年、春夏連覇した大阪桐蔭時代に9連勝、プロに入っても3連勝していた。ところが、パ・リーグ首位のロッテに打ち込まれた。自己ワーストの12安打を浴び、5回2/3を3失点。球数も最多の118球を投げ、リードを許して降板した。

 「自分は、ほぼ負けのような投球」。そう振り返ったが、奇跡のような逆転サヨナラ劇。甲子園での不敗神話を継続し「野手の方のおかげです。(甲子園で)負けないというより、これからしっかり勝てるようにしたい」と表情を引き締めた。

 ▼阪神・中西投手コーチ 真っすぐに頼りすぎていた。もう少し、変化球を交ぜないと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月10日のニュース