山本昌 2272K!村山実超え歴代11位に浮上

[ 2013年6月10日 06:00 ]

<中・ソ>中日・山本昌は通算奪三振数を2272としプロ野球歴代11位となる

交流戦 中日3-7ソフトバンク

(6月9日 ナゴヤD)
 中日の山本昌投手(47)が9日、ソフトバンク4回戦(ナゴヤドーム)に先発登板して4三振を奪い、通算奪三振数を2272とし、村山実(阪神)の2271を抜いてプロ野球歴代11位となった。

 最多記録は金田正一(巨人)の4490。初奪三振は86年10月16日のヤクルト戦(神宮)で池山から記録した。

 ▼中日・山本昌(6回5安打3失点も勝敗つかず)調子は悪かったけど、悪いなりにもうちょっと何とかしないといけなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月10日のニュース