プロ初本塁打も内海から…楽天・中島 2年ぶり今季1号 

[ 2013年6月10日 06:00 ]

<巨・楽>2回1死、内海から左中間に先制ソロ本塁打を放つ楽天・中島

交流戦 楽天5-3巨人

(6月9日 東京D)
 楽天の2人の伏兵が躍動した。

 2回に中島が内海の内角139キロ直球をはじき返し、打球は左中間席へ。「感触を忘れていた」という貴重な先制1号ソロは自身2年ぶりの本塁打となった。プロ初本塁打も08年5月28日(東京ドーム)に同じ内海から放っており、相性の良さを見せた。4回2死満塁では、島内が初球のチェンジアップを右中間3点適時二塁打。「チャンスなので初球からいこうと思った」と振り返った。

 ▼楽天・藤田(絶妙なポジショニングで好守備を連発)状況を見て、このあたりに打球が来ると思ってやっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月10日のニュース