谷繁 ボール追わず懲罰交代…「今大事な時」守道監督と温度差

[ 2013年6月10日 06:00 ]

<中・ソ>8回、交代を告げられベンチに戻る中日・谷繁

交流戦 中日3-7ソフトバンク

(6月9日 ナゴヤD)
 中日・高木監督が、ゴールデングラブ賞6度の名捕手・谷繁を「懲罰交代」させた。

 「体が動いてない。あそこで出しとっても意味がないでしょ」。8回1死二、三塁の場面。3番手・岡田は長谷川を空振り三振に打ち取ったが、ワンバウンドとなった球を谷繁が後逸。ところが三塁ベンチ前まで転がった球をすぐに追わず、三塁走者だけでなく二塁走者の生還まで許してしまった。

 結局、三塁手のルナがボールを処理したが、振り逃げでの2失点。この直後に指揮官は捕手を松井雅に代えた。「しっかり追わなかった僕が悪いんです」。谷繁も言い訳できなかった。7回にはチームで唯一フルイニング出場していた大島に代打・山崎を送る「非情采配」も。高木監督は「ウチは今、大事な時。生きるか死ぬかと思ってやっている」と話したが、その執念も実らず借金は再び10に膨れあがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月10日のニュース