猛抗議も…中畑監督 自滅「血管が3本ぐらい切れそうに」

[ 2013年6月10日 06:00 ]

<D・オ>2回1死三塁、荒波の走塁の判定に抗議するDeNA・中畑監督

交流戦 DeNA3-5オリックス

(6月9日 横浜)
 DeNAはミスの連鎖で自滅した。

 4回2死二、三塁から8番・伊藤を敬遠し、投手の西との勝負を選択したが、三嶋が暴投で同点に追いつかれた。7回2死二塁でも吉川の暴投で二塁走者の生還を許した。これで本拠地では8連敗を含む交流戦1勝11敗。試合後には緊急ミーティングを開いた。2回1死三塁から一ゴロで三塁走者・荒波が本塁憤死した判定に猛抗議した中畑監督は「退場になってもいいぐらいの気持ちだった。血管が3本ぐらい切れそうになった」と悔しさをにじませた。

 ▼DeNA・三嶋(6回2失点で降板。4回に敬遠を暴投し失点に)初めてです。僕の責任です。次、頑張ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月10日のニュース