藤村 大累が戦没者悼む「いろいろ考えさせられた」

[ 2013年2月18日 13:37 ]

 キャンプ休養日の巨人・藤村と新人の大累(道都大)が沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、国立沖縄戦没者墓苑に献花した。

 藤村は「いろいろなことを考えさせられた。平成生まれの僕らには当時のことは想像がつかないので」と話した。

 平和祈念資料館や、戦没者名を刻んだ石碑の「平和の礎」などを見学して沖縄の歴史に触れた。北海道出身の大累は「感謝の気持ちを持って野球をやっていきたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース