指揮官初抗議「危険球退場は国際大会ではない」

[ 2013年2月18日 06:00 ]

<侍ジャパン・広島>5回無死、下水流(中央)に死球を与える山井(右から2人目)

WBC強化試合 日本代表0―7広島

(2月17日 サンマリン宮崎)
 山本監督は侍ジャパン監督として初抗議も行った。

 5回、山井の投球が打者・下水流(しもずる)の頭部ヘルメットを直撃。台湾プロ野球から派遣された球審は危険球退場を宣告したが、すぐにベンチを飛び出し異を唱えた。「危険球退場は日本のルールであって、国際大会ではないよ、と伝えた」と山本監督。国際大会でも故意の死球は退場の対象となるが、強化試合でもあり、すぐに受け入れられ山井はそのまま続投した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース