ジーター「ひどいオフだった」 それでも開幕戦は間に合いそう

[ 2013年2月18日 09:53 ]

 昨年のア・リーグ優勝決定シリーズで左足首を骨折したヤンキースのジーターが「ひどいオフだった」とリハビリに終始した冬を振り返った。

 「ソファでじっとしている」時間が長く、今までにないつらさを味わったようだ。術後の経過は順調で、4月1日の開幕戦には間に合う見込み。

 昨季はリーグ最多の216安打をマークした38歳。今季の目標はこれまでと変わらず「勝つこと」とし「それに向かって小さなステップを積み重ねていくことだ。まずは地区優勝」と主将らしく結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース