若鯉躍動!菊池チャンスメーク&鈴木将3ラン

[ 2013年2月18日 06:00 ]

<侍ジャパン・広島>9回2死一、二塁、左越えに3ラン本塁打を放つ鈴木将

WBC強化試合 広島7-0日本代表

(2月17日 サンマリン宮崎)
 広島の若鯉が侍ジャパンを叩きのめした。光ったのは25歳・鈴木将と22歳・菊池。まずは2―0の5回2死三塁だ。菊池が山井の直球を中前に運び、続く鈴木将は左中間二塁打を放った。菊池は「チームがいい雰囲気だったので乗せられた。打撃は手応えを感じています」と笑顔をはじけさせた。

 9回には内海をKOした。2死一塁から菊池が中前打し、鈴木将が左越えにダメ押し3ラン。昨年9月13日巨人戦(東京ドーム)で、内海からプロ初安打を放った05年高校生ドラフト1巡目の外野手は「僕は一打席一打席が勝負。必死にやってきたことが成果として出ている」と胸を張った。スター軍団相手の対外試合初戦に完勝。野村監督は「ベンチ入りに必死な未知数の選手が結果を出した。自信になると思うし、褒めてあげたい」と相好を崩した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース