藤浪 初のベンチ学習 甘いのは禁物「高低、コース攻めることが大事」

[ 2013年2月18日 06:59 ]

試合中に、コーチ陣と話す藤浪(右)

練習試合 阪神1-11楽天

(2月17日 宜野座)
 阪神の藤浪が練習試合の楽天戦で初のベンチ入り。5回終了まで和田監督、黒田ヘッドコーチらの話に耳を傾けながら、グラウンド内のプレーに熱視線を送った。

 「甘い球は捉えられてしまう。高低、コースを攻めることが大事と思いました」。両親が見守る中、第3クール最終日のこの日は、ブルペンで捕手を座らせて60球。「ベストの状態にはほど遠いですが、少しずつ上がってきている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース