「次は許さん」浩二監督怒った ベスト布陣も3安打

[ 2013年2月18日 06:00 ]

<侍ジャパン・広島>7回1死、村田が捕邪飛に倒れベンチで渋い表情の(左から)山本監督、梨田コーチ

WBC強化試合 日本代表0―7広島

(2月17日 サンマリン宮崎)
 静かな口調だったが、山本監督の目は笑っていなかった。

 「完敗でございます。選手には“きょうは許すが、次からは許さんぞ”と言った」

 投手陣が7失点し、打線もわずか3安打の零敗。侍ジャパンとしての初戦で、古巣・広島に屈辱的な大敗を喫し、選手の奮起を促すべく、厳しい言葉を浴びせた。

 ベストオーダーで臨んだ。2回、内川、糸井の連打で無死一、二塁としたが、7番・中田には打たせて中飛。続く稲葉はカウント3ボール1ストライクから二ゴロ併殺に倒れた。選手の調整を優先させるため、あえて動かなかった。その後、得点圏に走者を送ったのは、9回に敵失で得たチャンスの1度だけ。代表候補の前田健、今村から計3安打したが、4回以降は広島の若手投手陣に無安打に封じ込められた。

 打てなかった。ならば動く。指揮官の腹は固まった。「これからもっと厳しい展開になる。いろいろ動かないといけない。とにかく得点圏に走者を置く形をとらないと。エンドランやバント。方策を考える」。その上で選手には今後、つなぐ意識の浸透を求めた。「個々ではなく、線にしていかなきゃいけない」。最終登録メンバーが決まって以降の実戦となる23日のオーストラリア戦(京セラドーム)からは、打順の組み合わせも数パターンテストしていく。

 台湾プロ野球(CPBL)から球審を招いたが、外角に広いストライクゾーンにも戸惑いが見られた。立浪打撃コーチは「外のゾーンを追いかけだすと崩れる。国際大会経験者がその点は伝えてくれると思う」と語る。18日の西武戦も含め5試合の実戦で対応しなければならない。

 投手陣はWBC球への不安もある。そしてどう得点を奪うのか。課題が浮き彫りになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース