ジョーンズ 「AJシフト」もお構いなし 逆らわず安打

[ 2013年2月18日 07:05 ]

<阪神・楽天>2回無死、ジョーンズは中前打を放つ

練習試合 楽天11-1阪神

(2月17日 宜野座)
 楽天のジョーンズが来日初の対外試合となった阪神戦の第1打席で初安打。メジャー通算434本塁打のプルヒッターに対し、阪神内野陣は二塁・西岡がセカンドベースの真後ろを守る極端な「AJ(アンドリュー・ジョーンズ)シフト」を敷いた。

 それでもジョーンズは逆らわない打撃で中前打。残りの2打席は三振に終わったが「1本出ていいスタートを切った。シフトは米国でもやられている。気にしない」と平然としていた。

 試合も大勝し、星野監督は「これが普通の試合(公式戦)ならよかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月18日のニュース