米国代表暫定27選手発表 サイ・ヤング賞腕、ナ本塁打王ら選出

[ 2013年1月18日 06:00 ]

 第3回WBCの米国代表は17日(日本時間18日未明)、暫定登録メンバー27選手を発表した。

 全27選手がメジャーリーガーで、昨季のサイ・ヤング賞右腕ディッキー(ブルージェイズ)、ナ・リーグ本塁打王のブラウン(ブルワーズ)らが選ばれた。このほか阪神などでも活躍した先発右腕ボーグルソン(ジャイアンツ)や、ナ・リーグで2年連続セーブ王のキンブレル(ブレーブス)らがメンバー入りした。好打の捕手マウアー(ツインズ)も名を連ねたが、一方で代表入りが有力視されていた通算245勝のペティット(ヤンキース)は外れた。米国はヤンキースのジョー・トーリ前監督が率い、大会初優勝を目指す。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月18日のニュース