高野連批判もしたけど…新井前選手会長「感謝したい」

[ 2013年1月18日 06:00 ]

 労働組合・日本プロ野球選手会の前会長、阪神・新井は「かなり進展があり、凄くうれしい」と語った。

 08年12月の会長就任に際してプロアマ交流の推進を掲げ、昨年12月の退任時には遅々として進まない現状に高野連批判を含む切実な心情を訴えた。それだけに「歴代会長やOBの方が努力し、やっとここまで来た。先輩方や現役選手の気持ちを理解してくれた高野連の方に感謝したい」。今後については「話し合いを重ねて形にしていかないといけない。選手会もNPBも加わり、しっかりしたものをつくっていきたい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月18日のニュース