広瀬級じゃ!広島ドラ2鈴木誠 強肩でオーナー喜ばせた

[ 2013年1月18日 06:00 ]

 広島ドラフト2位・鈴木誠(二松学舎大付)が広瀬級の強肩を披露した。新人7選手がマツダスタジアムで初練習。80メートルの遠投で視線を集めた。

 他選手は山なりの球なのに、鈴木誠のみ低く伸びる球。勢い余って暴投も4球あった。松田オーナーは「鈴木の肩は広瀬級じゃ」とゴールデングラブ賞外野手の名前を挙げて絶賛。115メートルの遠投力を生かし、遊撃手に挑む18歳は「投手だったので肩はアピール点。“無理するな”と言われますが、無理はしていません」と笑顔だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月18日のニュース