稲葉 マドンナ戦士に脱帽 W杯3連覇の実力思い知った

[ 2013年1月18日 06:00 ]

金(右)が使う金属バットに興味津々の日本ハム・稲葉

 日本ハム・稲葉が札幌市内で、昨年8月のW杯で3連覇を達成したマドンナジャパンのメンバー、金由起子(35)と合同自主トレを行った。

 約2時間、ノックなど同じメニューをこなした稲葉は「恐れ入りました。さすがに世界を勝ち抜いただけのことはある」と脱帽した。昨年12月、イベントで同席した縁で今回の合同練習が実現。22日から沖縄のキャンプ地に先乗りしてWBC使用球で練習を始める40歳は「プレッシャーを乗り越えての世界で3連覇は相当なもの。刺激になりました」とWBC3連覇を見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月18日のニュース