WBCブラジル代表に初の大リーガー選出へ

[ 2013年1月18日 06:00 ]

 侍ジャパンと3月2日の初戦(ヤフードーム)で対戦するブラジル代表に、同国出身初の大リーガーとなったインディアンスのヤン・ゴームズ内野手(25)が選出されることが確実となった。

 16日、大リーグ公式サイトの取材に「下馬評が低いのはいいこと。日本でプレーする準備はできている」と出場する意向を語った。昨季は3Aで打率・328、13本塁打、59打点を記録した有望株。イ軍のキャンプに参加しないことで、開幕は3Aスタートが濃厚となるが「そうなったら3Aからメジャーの座を勝ち取りたい」と、母国のために開幕メジャーを捨てる覚悟を示した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月18日のニュース