KK対決再び…左手小指骨折の清原氏に桑田氏は全力投球

[ 2012年12月13日 06:00 ]

収録でKK対決を繰り広げた清原氏(左)と桑田氏(右)。ビートたけしが対決を見守った

 TBSテレビ「大晦日(みそか)スポーツ祭り!KYOKUGEN2012 史上最大の限界バトル」(31日放送)のメーン企画の一つが、清原和博氏(45)と桑田真澄氏(44)の「KK対決」。息子に本塁打を打つ姿を見せたいという清原氏の思いに、桑田氏が全力投球で受けて立つ。

 気温1度と冷え込む西武ドームでの真剣勝負となった。11月に左手小指を骨折し、痛み止めを打って打席に立った清原氏は「挑戦に応えてくれた桑田の気持ちに感謝したい」。桑田氏も「良い振りでびっくりした」と互いを称え合った。結果は果たして…。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月13日のニュース