ヤクルト退団の林昌勇、カブスと2年契約で合意か 韓国報道

[ 2012年12月13日 15:08 ]

 ヤクルトを今季限りで退団した林昌勇投手(36)が米大リーグ、カブスと2年契約で合意したことを明らかにしたと韓国の聯合ニュースが13日、報じた。

 7月に右肘じん帯の再建手術を受け、全治1年と診断された。今季は9試合の登板にとどまり、現在もリハビリを続けている。渡米前に林昌勇は「カブスは来年というより2014年に復帰すると予想している。自分の目標は来年終盤に戻ること」と話したという。

 ヤクルトでは150キロ台の速球を武器に抑えとして活躍。通算5年で238試合に登板して11勝13敗128セーブ、防御率2・09だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月13日のニュース