ドラフト指名の部員が道交法違反…千葉国際に厳重注意

[ 2012年12月13日 06:00 ]

 日本高野連は12日、大阪市で定例の審議委員会を開き、西武からドラフト指名された野球部員(18)が道交法違反(無免許運転と速度超過)の疑いで千葉県警に摘発された千葉国際高を、日本高野連会長名による厳重注意とした。

 野球部員は4日未明、友人と東京湾アクアラインを走行中、29キロの速度超過で摘発され、無免許運転が発覚した。部員は仮免許を取得していた。西武は入団手続きを凍結。学校は部員を監督宅で無期限謹慎処分としている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月13日のニュース