城島 選手生命の危機 赤星氏に語った「腱が切れる可能性」

[ 2012年2月21日 06:00 ]

赤星氏(左)に今季に懸ける思いを語った阪神・城島

 阪神の城島が、赤星憲広氏(スポニチ本紙評論家)の取材に応じ、右肘が選手生命を脅かす状態にあることを明かした。

 昨年6月に出場選手登録を抹消され、8月に渡米し、検査しているが、その具体的な症状は明かされなかった。今回初めて赤星氏に「残り少ない肘の腱が切れる可能性があって、そうしたらバッティングもできなくなってしまう」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース