イチロー相手に緊張 岩隈「思ったところに投げられていない」

[ 2012年2月21日 08:24 ]

フリー打撃での初登板で、イチロー(手前)に投球するマリナーズ・岩隈

 マリナーズの岩隈久志投手は20日、フリー打撃に初めて登板、イチローら打者4人に計30球を投げた。

 最初に打席に迎えたのはイチロー。「緊張。投げづらかった」と岩隈。捕手のサインで投げるのも初めてだったが、言葉とは裏腹に制球良く変化球でストライクを取った。

 それでも反省の言葉が口をつく。「思ったところに投げられていない。若干引っかけたり、僕の中ではいい感じではなかった」。

 一方で首脳陣の反応は悪くない。ウェッジ監督は「いろいろ初めてのことが多くて大変だろうが、いい感じできている。低めに球が集まっていた」と満足げ。ウィリス投手コーチも「いい落ち着きがある。ここまで素晴らしい」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース