ボウカー初本塁打!2番の適性も見せ原監督も「いい手応え」

[ 2012年2月21日 19:48 ]

楽天との練習試合で、右越えに本塁打を放った巨人・ボウカー

 巨人の新外国人、ボウカーが楽天との21日の練習試合で実戦初本塁打を右越えに運んだ。打った相手は長谷部。左打者だが左腕を苦にしない姿に、岡崎ヘッドコーチは「壁がしっかりして、壊されない。そういう技術を持っている」とうなる。

 ジャイアンツで米大リーグデビューした2008年には10本塁打を放ったこともある。それでもボウカーは「本塁打を打つ意識よりも、ライナー性の打球を打つ意識が強い。本塁打はたまたま」とさらり。

 2番打者として一回にはつなぎの打撃を披露した。無死一塁で一塁走者の坂本がスタート。右前にゴロを転がし、一、三塁と好機を広げた。2番の適性を感じさせる打撃に原監督は「非常にいい手応えを感じている」と表情は明るかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース