久保、右肩張りで投球回避…山口コーチ「めどは立てていない」

[ 2012年2月21日 20:06 ]

 阪神の久保が右肩の張りを訴え、ブルペン入りを回避した。病院には行かずに様子を見るが、山口投手コーチは「だいぶ(実戦登板が)遅れてしまう。回復力が悪い。(投球練習再開の)めどは立てていない」と話した。

 久保は「意外と長引いているが、そのうち取れるでしょう」と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース