マー君は18、斎藤は11 侍ジャパン背番号決まる

[ 2012年2月21日 06:00 ]

 日本野球機構は20日、「東日本大震災復興支援試合ベースボールマッチ supported by KONAMI」(3月10日・東京ドーム)で台湾代表と対戦する日本代表「侍ジャパン」の背番号を別表の通り発表した。

 先発が予想される楽天の田中将大投手(23)は18、日本ハムの斎藤佑樹投手(23)は11、中田翔外野手(22)は22に決まった。なお、台湾代表の監督が呂文生(リュ・ウェンシォン)監督から羅国璋(ロウ・グオチャン)監督に変更することも発表した。

 ▼日本ハム・斎藤 今までつけたことのない背番号なので、少し不思議な感じもします。ただ、番号をあまり気にすることなく、日の丸を背負う代表選手として精いっぱいプレーしようと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース