国吉に中畑監督もビックリ「朝も夜もいつも食堂に最初から最後までいる」

[ 2012年2月21日 10:45 ]

 DeNAの国吉は、新球団として初の対外試合となった16日の日本ハム戦で先発を任され、2回1失点。まずまずの投球だったが、中畑監督には「もうちょっとできると言われた」と話し、196センチの長身から最速152キロを投げ込む右腕への首脳陣の期待はまだまだ高いところにある。

 キャンプではベテラン三浦の朝の散歩に同行するなど、どん欲に何かを吸収しようという気持ちが感じられるが、まだ1年を通して1軍に帯同したことはない。

 それでも「夏バテはしたことがない」と、先発投手としてローテーションに定着するために必要な体力には自信あり。その源は旺盛な食欲で、中畑監督は「(食事の時は)朝も夜も、いつも食堂に最初から最後までいる」と目を丸くする。

 目標は2桁勝利。育成出身右腕は「ドラフト指名でプロに入ってきた人には負けたくない」と意気込む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース