試行錯誤の涌井 133球の投げ込み

[ 2012年2月21日 19:15 ]

 西武エースの涌井が133球を投げ込んだ。走者を置いた状況を想定するなど、より実戦的な投球練習。フォークボールを中心に、変化球も多く織り交ぜた。

 昨季の不振は、落ちる球をうまく操れなかったことも原因の一つ。受けた上本によるとフォークボールは「3種類ぐらいの握り方を試していた」そうで、試行錯誤を続ける。開幕投手を狙う本人は質問を受けると「お疲れさまでした」と繰り返してはぐらかした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月21日のニュース