最下位脱出ならず…尾花監督「あとは先発陣」

[ 2011年5月1日 06:00 ]

<横・巨>初回、坂本にソロ本塁打を浴びる横浜・山本

セ・リーグ 横浜2―8巨人

(4月30日 横浜)
 勝てば最下位脱出も完敗。4月を借金5で終えた横浜・尾花監督は「手応えは感じている。あとは先発陣がしっかりしてくれれば」と悲観した様子はなかった。

 先発の山本は6回5安打4失点で2敗目。坂本とラミレスに一発を浴び、今季被本塁打5はリーグワーストとなった。この日は中堅方向に風速13メートルの強風が吹き、特に坂本の本塁打は強風に押され左翼席最前列に飛び込んだ。

 今季オリックスから移籍の左腕は「割り切らないといけないけど、あの打球が入るのですね。聞いてはいました」と両翼94メートルの本拠地での一球の怖さを実感していた。

 ▼横浜・大原慎(ドラフト5位ルーキー。5番手で9回にプロ初登板し長野に2ランを浴び1回2安打2失点)思ったより緊張しなかったけど、スライダーがあんまり良くなかった。声援が多くてうれしかった。

 ▼横浜・石川(3回に今季チーム初盗塁)長かった。スタートは緊張した。こういう形で相手にプレッシャーをかけられれば。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年5月1日のニュース